Googleストリートビュー(室内版)に登録をしよう!
あなたのお店(企業)をGoogleに掲載しよう!




Googleストリートビューでお店の中を掲載できます。
360°の角度で店内場所をGoogleユーザーへアピール。
Googleストリートビューに掲載するとこのように表示されます。
下記の画像は「新宿紀伊国屋 英國屋」様が掲載した時の画像になります。

Googleストリートビュー(室内版)とは今までのような外の風景や道路の様子の撮影だけではなく、今はお店の宣伝用に店舗内の様子の撮影もできるようになりました。
360°の映像でGoogleユーザー向けに公開されませんでしょうか?
店内を公開することにより集客につながる実績があります。お店や会社にとってはとても良いアピールになるかと思います。

通常のGoogleの広告のように毎月毎月、料金がかかるものではなく初期費用のみで公開できるサービスになります。
お店(会社)がある限りずっとGoogleに掲載されます。

これはネット業界でも始まったばかり、、、東京では銀座を始め「名店」「企業」「学校」などが導入しています。全国各地対応しております。

「掲載に使われるパノラマ写真とは?」

魚眼レンズで4~6方向を撮影。360°の風景をぐるっと表現。
1方向だけの写真よりも多くの情報を伝えることができます。

Googleストリートビュー(公道)
無題

VRスコープ
thNVALC0HQ

Googleストリートビュー(店内)
th9C0DTQMT

今年はパノラマ元年。このサービスは今後もどんどん市場拡大が予想されます。

「パノラマ写真活用例」

①世界文化遺産の記録
th3IH8P882

 

②道案内
ddgvbc

 

③震災遺構アーカイブ
thQVNFMRMP

 

④店舗施設紹介
thBVT0Q3OH

 

「Googleストリートビューの歴史」
車→トライク(自転車)→トレッカー(リュック)→スノーモービルNEXTスキューバ

Googleストリートビューは、「世の中のすべてのモノ、コトを見える化する(検索可能にする)」という世界の知的欲望を促進し「世界を近く」しようと試しみるGoogleの基本理念を具現化するサービスです。
現在のGoogleストリートビュー室内版は、Googleearthや公道のGoogleストリートビューのローカル(汎用版)です。

「Googleストリートビュー(室内版)について」
2011年よりGoogleが提供する360°パノラマ写真サービス。ユーザーはオンラインで店舗施設内をバーチャルに体験できる。
以来、世界で週十万のあらゆる業種の店舗施設に導入され、Googleマップ同様に世界中のユーザーから親しまれている。
当初、「Business Photo」という名称でアメリカでリリースされ、各国でビジネスパートナーを公募して普及。
日本では「おみせフォト」→「Googleマップインドアビュー」というモデルチェンジを経て、現在の名称・サービスに至っている。

「Googleストリートビュー(室内版)主な特徴」
gader
①Googleマップから見ることができる。
Google検索サービスと連動

②ウェブサイトやブログなどに埋め込んで活用できる。

③スマホファーストで動作も軽い。
撮影・編集・公開・納品までスムーズ。

「Googleマイビジネスについて」

Googleマイビジネスは、Googleが提供する無料の店舗情報掲載サービスです。
①一般ユーザーがGoogleマップでお店を検索した時の検索対象になります。
②店舗の基本情報の他、写真、マップ、口コミ情報などが掲載されます。
③このページがないと、ストリートビューを撮影/公開することが出来ません。

「撮影不可ビジネス」
①Google+ローカルの品質ガイドラインから外れるビジネス
②撮影した写真、およびGoogle+ローカルのコンテンツに、コンテンツポリシーで規定された内容を含んでいるビジネス。
③違法なビジネスを行っている
(違法な商品を販売している、違法なサービスを提供している等を含む)

【撮影不可対象例】
●性風俗店 ●リハビリセンター ●中毒治療センター ●メンタルヘルスクリニック

「Googleストリートビュー店内撮影費用」

¥98,000-(税別)~

※参考としてコンビニぐらいの広さで10P以内に収まります。

※10P以内であれば¥98000(税別)しか費用はかかりません。

 

 

「まとめ」

Googleストリートビューを契約される経営者・オーナーは知らなかったがほとんどです。
このGoogleストリートビュー(室内版)は始まって導入率は全体の約5%しかありません。
大きなこれはビジネスチャンスだと思います。
理由は最終的にはほとんどの店舗が導入をされると確信してるからです。
銀座の名店を検索してみてください。
ほとんどが掲載されています。
日本の名ホテル「帝国ホテル」「リッツカールトンホテル」も掲載しています。
全てはGoogleストリートビューの理念にあります。

Googleストリートビューは、「世の中のすべてのモノ、コトを見える化する(検索可能にする)」という世界の知的欲望を促進し「世界を近く」しようと試しみるGoogleの基本理念を具現化するサービスです。

インターネット社会がどんどん加速・進化しています。
良い店はネットで拡散されすぐにSNSなどでみんなが知ることが出来る。
ネット社会でも最前線と言われるGoogleストリートビューでこの「日本」に来ることができます。
この日本にどのようなお店があるか?知りたい?気になる?
身近な人から地球の反対の人まで全てのGoogleユーザーにお店や会社を公開できるサービスです。

このサービスは他の広告サービスとは比較にならないものだと思います。
ストリートビューで撮影したデータはそのまま使えます。
データを使ってお店のホームページに導入も可能でございます。

みんなに知ってもらう!
世界No.1の検索エンジンGoogle!
Googleで検索して私達が働く環境やお店はどのように見えていますか?

全国のGoogleストリートビュー(室内版)の契約を担当させていただいております。見積書から契約そして掲載まで確実なサポートを致しますので安心してご相談ください。
是非この機会にGoogleストリートビュー(室内版)の登録・掲載をお願い致します。

登録はこちら

Googleストリートビュー(室内版)の登録・お問い合わせはホームページよりお願い致します。
Googleストリートビュー認定パートナー
代理店 Infinity Trading




更新日:

Copyright© Googleストリートビューとは? , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.